余計な雑音を聴かない

旅行は長時間の移動がつきものです。特に夜行バスで遠くに出掛ける時は、同じ場所に何時間も座っていなければいけません。窮屈な場所なので、深い眠りにつくことは難しいと思いますが、充実した旅行にするためには快適な睡眠が欠かせません。そんな快適な睡眠をできるだけ確保するために便利なアイテムがあります。それは耳栓です。バスでの移動中の時は、車の走る音や周りの人の話し声、そして音楽の音漏れなどが耳に入ってくる時があり、快適な睡眠を妨げる原因になることがあります。しかし耳栓を使うと、周りの余計な雑音を遮断してくれるので、眠ることだけにひたすら集中することができ、寝付けの悪さを少しでも解消することができます。持ち運びも手軽なので、お勧めのアイテムです。

足元を温めて体調を整えよう

足元が冷えてくると快適な睡眠を妨げる原因にもなります。夏の時期は足元が冷えるようなことは少ないと思いますが、秋から冬にかけての時期、夜中はかなり冷え込んでくるので、電車やバスの足元の温度は低下してきます。旅行中に体調を崩さないためにも、体を冷やさずに移動するのはとても大切なことです。少しでも体調を整るために、移動中でもできるひと工夫があります。それは、大きめのタオルを準備して、膝元に掛けるだけです。そうするだけで体温を維持することができ、足元からの冷えを抑えることができます。タオルが余計な荷物になって邪魔だと思う人は、上着を膝元に掛けるだけでも効果はあります。そのひと工夫だけで睡眠が違ってくるので、ぜひ実践してみてください。